RONの入手方法

RONの入手方法

NFTゲーム『Axie Infinity』がRoninチェーンで使われる独自トークン “RON” を発表しました。

RON の特長

  • Roninチェーンでの手数料として使える
  • 通貨をあずけて増やすことができる

“RON” による手数料のコストは少なく、エコシステムを長期的に持続させることが可能と言われています。
また、独自の分散型取引所(DEX)である「Katana」でステーキングし、“RON” を取得することができます。

「RON」入手の3ステップ

“RON” は他の通貨と違って取引所などで買うことができません。
ゲットする方法はDEXである「Katana」でステーキングすることのみとなります。

必要なスッテプはこの3つ!

ステップ①:「Katana」をコネクトする
ステップ②:LPトークンを用意する
ステップ③:ステーキングする

ステップ①:「Katana」をコネクトする

まずはDEXである「Katana」を表示しましょう。
こちらの「Katana」公式ページからどうぞ。

URLが「https://katana.roninchain.com」であることをご確認ください!

公式ツイートからでも表示できるので、念のため載せておきます。
ツイート内のURL → 「Use Katana」からいけます。

「Katana」を開いた状態です。
ブックマークしておきましょう。

Roninウォレットを開いて、使うアカウントを選択します。

開いた時点でわたしは勝手にコネクトされたのですが、どうでしょうか?

もしコネクトされていないようでしたら、画面右上の「Connect Ronin Wallet」をクリック。
✅を入れて「Connect to Ronin Wallet」を押せばコネクトできます。

これで準備完了。「Katana」が使える状態です。

ステップ②:LPトークンを用意する

LPトークンは2つの通貨をDEXに預けて「流動性を提供」することで受け取ることができます。
たとえば「AXS」と「WETH」のペアを預けることで「AXS /WETH」というLPトークンをもらうことができます。

このLPトークンはステーキングするときに必要になるので、通貨を2種類用意します

使えるペアの組み合わせ

現在は「AXS /WETH」と「SLP /WETH」のみとなっています。
“WETH” と、“AXS” か “SLP” のどちらか(または両方)をRoninウォレットに用意しておく必要があります。

“AXS” も “SLP” も持っていない場合

通貨を買ってRoninウォレットに送ってもいいのですが、Roninウォレット内に “ETH” が入っているならスワップすればOKです!

スワップとは通貨を別の通貨に変えることで、1日に100回までなら無料で行えます。
(例:ウオォレット内の “WETH” を半分スワップし、“AXS” に変える)

スワップをするには、最初にどの通貨を変えるのか選びます。
持っている通貨を選びましょう。

次にどれだけ変えたいかを入力し、なんの通貨に変えるか選びます。

“AXS” に変えるときの画面です。
[Approve 〜]という青い承認ボタン押して進みます。

アカウントが間違っていないことを確認し、[Confirm]を押します。

さらに[Update Price]を押します。

この画面が出れば無事トランザクションが実行されたことになります。
数秒だけ待ちます。

トランザクションも終わりました!
この画面は[✖️][Close]で閉じてOKです。

Roninウォレットを開いて、通貨が変わっていることを確認しておきましょう。

プールに預ける

必要な通貨を2種類以上用意できたら、プールに預けてLPトークンを受け取ります。
まずは画面左上の[Pool]を押して画面を表示し、[Add liquidity]を押します。

提供する通貨を2種類選びます。

持ってる通貨のうち少ない方をMAXにすると同じ比率で提供することができます。
わたしは “AXS” が少なかったのでこちらをMAXに。余った “WETH” はウォレット内に残ります。

[Confirm]を押して確認し、[Supply]を押します。

[Confirm Supply]を押せば完了です!

LPトークンを受け取ることができました。
通貨の価格は日々変動しますので、預けた瞬間の価格をスクショするなどして保存しておくことをオススメします。

ステップ③:ステーキングする

受け取ったLPトークンを使って “RON” を増やしていきます。
まずは左上の[Farm]を押して画面を表示し、使うLPトークン横の[▼]で詳細画面を表示→[Approve]を押します。

あとは[Stake]を押せば完了です!

これで “RON” をER20でラップした “WRON” が時間の経過とともに増えていきます。

時間がたっても処理されないときの対処法

数分待ってもトランザクションが処理されない場合、まずは画面上の[pending]を押してトランザクションがどうなっているかをチェックします。

うまく処理されたトランザクションには✅がつくのですが、いつまでたってもグルグル回ってるときは[四角と矢印↗︎]のマークを押して確認してみます。

↓この画面が出たときはトランザクションが無効に。
また最初からやり直す必要があります。

[Clear all]を押してトランザクションをキャンセルしましょう。

もしかしたら何度かやり直すことになるかもしれませんが、成功するまで根気よく実行しましょう…!

“RON” 取得の注意点

“RON” をあつかうときはインパーマネントロスに注意が必要です。

インパーマネントロス とは?
あずけた通貨の価格が大きく上がって、バランスを取った結果損をするというリスクのことです。
すみもて
すみもて

片方の通貨の価格が急落、または急騰してしまい、「あずけてないで “SLP” のまま持ってれば良かった!」なんてことがあるかもしれません。

Farm」画面の「TOTAL STAKED」の割合を維持しなければ損をする可能性があります。

たとえば “ETH” の価格がドーンとハネ上がると、もともと提供していた “WETH” の枚数が減ります。
そしてペアとなる “AXS” の枚数が増えてバランスを取ります。

つまり同じ枚数の通貨が返ってくる保証はなく、場合によっては損することになります。
2つの通貨の差が大きく開くと・・・

すみもて
すみもて

流動性を提供しない方がもっと利益でたじゃん!

ということに。

リスクが発生しない場合

あずけている2つの通貨が同じペースで上がっていくのであれば、インパーマネントロスは発生しません。
今後の値動きを見ながら判断していくことで、リスクを回避することができます。

また “RON” の価値が上がっていけばロスは気になりません。
むしろ利益の方が大きくなる可能性があります。