【期間限定】1,500円分のビットコインをもらう方法

【期間限定】1,500円分のビットコインをもらう方法
  • 11月28日までのキャンペーン
  • コインチェックへの入金で1,500円分のビットコインがもらえる
  • 入金額は1円でもOK

コインチェックによるビットコイン プレゼントキャンペーンのお知らせです。
運営としては「ビットコインを配ってでも利用者をふやしたい」ということですね。

こういったプレゼントキャンペーンはいつまでもつづくとは限りません。
お得だと感じた方はキャンペーンが終わってしまう前に「入金」の条件をみたしておくことをオススメします。

⇒【無料】コインチェックの口座をつくる

1,500円分のビットコインをもらうための3ステップ

  • コインチェックで無料で口座をつくる
  • かんたん本人確認
  • 入金して1,500円分のビットコインをゲット

口座をつくってから入金まで、早ければ30分ほどで終わります。
スマホですべて完結するため、資料でゴチャつくこともありません。

⇒【無料】コインチェックの口座をつくる

「72時間以内」の入金条件に注意

このキャンペーンで1,500円もらうためには、かんたん本人確認したあと72時間以内に入金する必要があります。
「口座つくったけど入金わすれてた〜!」という事態にならないようご注意ください。

銀行振込なら1円の入金でも大丈夫です
▶︎「仮想通貨を買う方法」から 入金のしかたを確認する

チャンスを活かす2パターンの使い方

もらった1,500円分のビットコインはどうすれば良いの?
私はつぎの2つを考えます。

  1. ほったらかしで増やす
  2. 「1,500円」と考えて使う

① ほったらかしで増やす

ビットコインはガチホ・・・つまり長期間 持ちつづける投資方法が良いと言われています。
理由はこの3つ。

  • 今までも「暴落 → 復活」をくり返してきた
  • 相場を気にしなくて良い
  • 手数料をはらう回数が少なくすむ

それにビットコインは、価格が下がってから上がるまでけっこう時間がかかるんですよね。
なので私も気長に持っていることに賛成です。
(※投資アドバイスではありません)

そんなビットコインですが、2021年には1枚あたり700万円台まで高値を更新していました。
ところがこの記事を書いている2022年7月現在、260万円まで価格は落ちています。

つまり今ビットコインを持っておけば、価格が回復したときに得をするということになります。
たとえば今より2倍の520万円までビットコインの価格がもどれば、もらった1,500円が3,000円に化けることに。
Switchのダウンロードゲーム1つくらいなら買えそうな価格ですね。

もちろん絶対に値上がりするという保証はありません。それでも無料キャンペーンでもらったお金を失ったところでリスクは0

すみもて
すみもて

安心して投資家としての一歩をふみ出すことができます。

②「1,500円」と考えて使う

ビットコインだから運用方法は・・・と考えるのではなく、チャレンジのために使ってしまおうということです。
「そもそも自己投資をするためのお金がない!」という方にオススメ。

たとえば私の場合、2021年にはメンタルをくずして働けなくなってしまいました。
いきなりネットで仕事をするスキルも、人に話せるような人生経験もなかったので、すぐにはお金を稼げません。

勉強したくても退職するときにたくわえがあったわけではなかったので、ビジネス本を買うのもストレスでしたね・・・。

すみもて
すみもて

今すぐ使えるお金がほしい!

って思ったときに自由に使える1,500円はありがたいものです。

1,500円の使い方

とはいえ形はビットコイン。せっかく取引所の中にあるので、さらに送金すればNFTを買うためのガス代(手数料)として使うこともできます。

たとえば私はFPS(自分視点でシューティングするタイプ)のNFTゲーム『SHRAPNEL』について注目しています。
「ゲームへの参加や報酬をゲットする権利」となるNFTを買ったのですが、ゲーム公開前にすでに利益が出ている状態です。

ほしいNFTがあったときに、もらった1,500円分のビットコインも一緒に使えばOK。

すみもて
すみもて

使い道が決まらなくても、とりあえずキャンペーンが終わる前にビットコインだけ受けとっておくと安全です。

ただキャンペーンはムリに参加する必要はありません!
投資や仮想通貨にまったく興味がないのにビットコンを持つと、価格が気になってストレスになることもありますので。

⇒【無料】コインチェックの口座をつくる