ビットコインを買ってみた結果【2021〜2023年】

ビットコインを買ってみた結果【2021〜2023年】
  • ビットコインでお金は増やせるの?
  • 所持金はあまりないけど…
  • 仮想通貨の投資がどんな感じか知りたい

お金の不安を解消するために仮想通貨の投資をしたくても「何がなんだか分からない」と、最初の一歩で私はつまずきそうでした…。

なんとか2021年の5月からビットコインを買いはじめましたが、今はマイナス9,500円!(2023年6月)
ビットコインを持ってるだけではお金は増えませんでした。

すみもて
すみもて

ところが、結果として100万円以上の資産を手にしています。

5.06 ETH → 今だと131万円(2023年6月)
(NFTGOを参考にした数値)

ビットコイン投資の経験が、別の体験や利益につながりました。

ビットコインを買って得たもの

  1. 他の仮想通貨も買えるようになった
  2. 仮想通貨でNFTを買い、資産がプラス
  3. NFTを使ったゲームで稼ぐチャンス

この記事では、仕事もお金もなく途方にくれていた私でもできた『ビットコイン投資が利益をうむまでの過程』をまとめて解説しています。

このまま記事を読んでいくと、特別なスキルがなくてもできた投資の体験内容を知ることができます。

※投資アドバイスではありません。

⇒ 【無料】コインチェックの登録はこちら

※公式サイトにとびます

ビットコインを買って得たもの

ビットコインを買った経験が生かされた例を、3つ紹介します。

① 他の仮想通貨も買えるようになった

仮想通貨はビットコインから始まり、いろんな種類のコインに派生しています。

すみもて
すみもて

私は「イーサリアム」という仮想通貨のおかげで資産を増やす機会にめぐまれました

イーサリアムとは?
ビットコインの次に知られている仮想通貨。
ほとんどの取引アプリで買うことができるメジャーなコイン。

ビットコインとほぼ同じ手順でイーサリアムも買うことができます。

「安定した長期保有」をするならビットコインが1番いいのかもしれませんが、イーサリアムは次に紹介するNFT投資につながります。

② 仮想通貨でNFTを買い、資産がプラス

すみもて
すみもて

そもそもNFTとは?

  • 画像や映像、音声などのデータ
  • 作者、買い手、送り先などがすべて記録されている
  • 仮想通貨のように投資できる

たとえばこちらの猫のNFTは、仮想通貨のイーサリアムを使って買うことができます。
買ったときは1つ200円ほどでした。

ただの画像かと思いきや、今は16万円分の価値があります(2023年6月)。

一時期、持ってる猫NFTぜんぶで500万円を超えていました。

仮想通貨やNFTの価格はつねに上がったり下がったりで、安定しないのはしかたないですね。
ともあれNFTを買うための仮想通貨をスムーズに買えたことで、資産アップの機会を逃さずにすみました。

⇒ 【無料】コインチェックの登録はこちら

※公式サイトにとびます

③ NFTを使ったゲームで稼ぐチャンス

NFTは投資に利用するだけではありません。
なんとゲームをプレイし、報酬として仮想通貨をゲットするものもあります。

すみもて
すみもて

NFTゲーム、BCG(ブロックチェーンゲーム)、クリプトゲーム…などと呼ばれています。

ソンビを撃ってコインゲット

たとえばこちらの武器のNFTは、ゾンビを撃ってたおすことで仮想通貨がもらえる『UndeadBlocks』というゲームのものです。

以前は賞金つきのトーナメントも開かれていました。

ゾンビをたおすことで “ Gold ZBUX ” という仮想通貨がもらえて、売ったらちゃんと現金として手元にのこります。

すみもて
すみもて

米ドル$を日本円に両替するような感覚でした。

仮想通貨がかせげるゾンビゲー『UndeadBlocks』の始め方はこちら

ゲーム用のNFTそのものにも価値あり

こちらはFPSゲーム『SHRAPNEL』のNFTです。

このキャラクターの画像を持っていることで、ゲームに参加したり特典をゲットできます。

『SHRAPNEL』のNFTでもらえる権利

  • ゲームのテスト版に早期アクセスできる
  • ゲーム内での特典をもらえる
  • 仮想通貨やNFTを無料でもらえる(不定期)
すみもて
すみもて

権利というと、ライブ会場に入るための「チケット」に似てますね。

すでに「マンガ」と「その表紙」のNFTを早期の特典として公式からもらいました。

ゲーム本編はまだ開発中のためプレイできませんが、NFTにそこそこ高い価値がついています。

すでにNFTの販売は終わっているので、あとは取引サイトで転売されているものを買うしかありません。
またNFTは数量も限られており、レア度も設定されているため、ゲームの期待値が高まるほどNFTの価値は高まっていきます。

仮想通貨をいつでも準備できる状態だったので、NFTのチャンスを逃さずにすみました。

放置でコイン5,600枚ゲット

すみもて
すみもて

早期の特典はマンガだけではなかった!

FPSゲーム『SHRAPNEL』のリリースを待っている間、とくにやることもなし。
のんびりしていたら…何と、気づかぬうちに「ゲーム開発側が独自につくった仮想通貨」が手に入っているではありませんか!

仮想通貨の名前は “ SHRAP ” 。

1K=1,000なので、5,600枚のコインをゲットしたことになります。

ゲーム用のNFTを早くにもっていたため、特典をゲットできました。

このゲーム用のコインが将来的にどこまでの価値になるかは、まだわかりません。
1枚0.03円かもしれないし、1万円を超えるかもしれない…。

すみもて
すみもて

投資なので、どう転ぶかは予想できません。

それでも早くにビットコインを買い、イーサリアムを知り、NFTを手に取ったおかげで特典をタダで入手できました。

⚠️ 詐欺・ハッカーに注意

仮想通貨やNFTにかかわると詐欺師やハッカーがあらわれます!!
いい人そうなフリをしたり、オイシイ話を持ちかけてきたり。

すみもて
すみもて

お金がからむと必ず悪人がよってきます…

例1:公式のフリをしたニセモノ

ニセモノの通販サイトに芸能人がダマされたと、以前ニュースになっていました。

仮想通貨やNFTもよくあることです。
たとえば公式アカウントのフリをして、「最新版のアップデートに必要で〜」などとパスワードの提示を求めてきたり…。

「本当に公式からの連絡なのか?」よく確認する必要があります。
そもそもセキュリティに関する情報は、たとえ相手が公式でも教えてはいけません!!

例2:もうけ話を持ってくる盗人

Twitterで見かけた事例では、新しいNFTゲームの開発者から「報酬つきでテストプレイヤーになってくれないか」と声がかかるパターンがありました。

そしてゲームサイトに仮想通貨やNFTが入ったネットの財布を接続し、中身がすべて盗まれるという悲しい話です…。

ゲームの開発はもちろんウソ。サイトはそれっぽく作ってあっただけ。
ネットの財布から中身を盗んだあとは姿をくらましてしまい、逮捕はムズカシイようです…。

対策は「ガン無視」

被害のどのパターンも「相手の連絡に乗っかった」ことが原因です。
なのでこちらが一切かかわらなければ、それだけでセキュリティはかなり高まります。

すみもて
すみもて

謎のメールや、SNSから送られてくるDMなど、全部うたがうべし!

そもそもプロジェクトが1人に対して個別に連絡とらないですよね。
私もDMを全無視してますが、この3年間いちども盗難の被害にはあっていません。

けっきょく何から始めれば良いのか

「仮想通貨」や「投資」という言葉を聞くと、ちょっとリスクが頭をよぎります…。
なので私は「てきとうに300円分のビットコインを、月に1回買う」ところからスタートしました。

仮想通貨を自動で買う「つみたて設定」もカンタンにできるので、小難しいタイミングなんかは考えずにコインを買うことができます。

↑画像はコインチェックから引用
すみもて
すみもて

ただ、必ずしも投資が日常生活に必要だとは言いきれません。

あせってストレスをためるくらいなら、興味がわいてからでも遅くはないと私は思います。

⇒ 【無料】コインチェックの登録はこちら

※公式サイトにとびます