ビットコイン投資:1月の運用実績(9ヶ月目)

ビットコイン投資:1月の運用実績(9ヶ月目)

「ビットコイン、1月の時点では価格が上がらず」
「今後の値動きはどうなる?」
「このまま投資をつづけても良いものか…」

ビットコインの積み立て投資を始めて9ヶ月目に入りました。
2020年1月1日の時点では資産がマイナスに。
価格の下落がつづくと不安になってきそうですが…

すみもて
すみもて

今まで通り「積み立てビットコイン投資」をつづけてOK!

ビットコイン投資をつづける理由

  • 専門家の間で上がると予想されている
  • 一度下がってもずっと右肩上がり
  • 世界規模で広まっている

この3つの理由により、私は今月もビットコインの積み立て投資を継続しています。
ただし投資に100%はありません。ビットコインを買う場合は自己責任でよろしくお願いします!

ビットコインをつづけるべき理由

専門家の間で上がると予想されている

ちょっと他力本願な根拠ではありますが、専門家が「ビットコインの価格は上がる」と予想しています。

こちらのツイートによると

  • 2022年中に1BTC = 1,000万円
  • BTCの価値が長く持続的に上がっている
  • BTC普及率は年率113%、保有者は2030年に40億人となる

データを分析した結果、一部の専門家が将来的には価格が上がっていくと予想していることがわかりました。

ただ安心はできません。
今まで「中国の規制」「コロナの影響」などの予想できない事態により、ビットコインの価格が大きく下落することがありました。

すみもて
すみもて

どう判断したらいい?

こんなときはビットコインの価格がどう変わってきたのか、過去のデータを調べてみると判断材料が見つかります。

一度下がってもずっと右肩上がり

仮想通貨の価格の変動は大きく、ビットコインも例外ではありません。
ビットコインの暴落はめずらしいことではありません。

それでも下がり続けたことはなく、ビットコインは必ず右肩上がりに価格が上がっています

CoinMarketCapから引用

2013年から見ていくと、ビットコインの価格は下がっては上がりをくり返しています。下がりつづけたことはありません。
この先のことをカンペキに予想することはできませんが、これからも価格が上がっていく流れが予想できます。

世界規模で広まっている

たとえばパナマではビットコイン専用のATMを2022年から設置していくようです。
その結果どうなるかというと…

つまり銀行口座がなくてもATMが使えるようになるので

  • ビットコインを持つ人が増える
  • すると価格が上がっていく
  • 暴落のリスクも減る

ビットコインの価値が認められ、保有者が増えると価格は上がっていきます。

また暴落する理由の1つは、大口投資家がビットコインを一気に売却することです。
たくさん売って流通量が増えると価格が下がるためですね。ただ保有者が増えることで総量が多くなるので、下落の影響がおさえられます

これからも色んな国でビットコインを活用する場が増えると、さらにビットコインの価値は高まります。

ゲームを活用した投資

私はNFTゲーム『Axie Infinity』で稼いだ通貨 SLP を使って、ビットコインの積み立て投資を行なっています。

12月の収益は2万円ほどでした。
そのうちの5,000円分をビットコインに回しています。

Axieを2ヶ月プレイしてみて、ひとまず毎月のビットコイン代は安定して稼げることがわかりました。
ゲームの報酬である SLP の価格はかなり落ちていますが、運営は長期的な目線で対策を考えているそうです。
あせらず価格が上がるのを待ちます。

今後の投資

引きつづき毎月5,000円の積み立てビットコイン投資をやっていきます。
今でこそNFTゲームで収益を出しているので5,000円分を使っていますが、最初は300円からのスタートでした。

なんなら「bitFlyer」は1円からでも始められるし、自動の積み立ても100円からスタートできるので気軽に練習できます。興味のある方はこちらからどうぞ。

まずは流れを確認!

無料で bitFlyer を使う