ビットコイン投資:12月の運用実績(8か月目)

ビットコイン投資:12月の運用実績(8か月目)

11月でビットコンの価格が下落、私の資産も「+2,000円 → −300円」ほどまで落ちてしまいました。1BTCあたりの価格が100万円も落ちると少し面食らってしまいそうですが…。

結論を言うとまったく問題がなく、これからもビットコインを買い増ししていこうと考えています。

ビットコインを買う理由

  • 下がったのは一時的な理由
  • 過去にマイナス90%から復活している
  • なくても良い金額ならリスク0

ただ個人的な意見です。ムリに投資をすすめるわけはありません。

すみもて
すみもて

投資を行う場合は自己責任でよろしくお願いします!

下がったのは一時的な理由

ビットコインの価格は11月中に8 〜 10%ほど下落しました。
このこの価格が下がった理由は新型コロナウイルスの変異株が原因だと言うことがわかりました。

Fisco 取締役の中村氏によると、コロナの変異株「オミクロン株」が見つかったことにより調整という形でビットコインの価格が下がっていったようです。
くわしくはこちらから→ 12月1日 ビットコイン価格テクニカル分析【Zaifフィスコ仮想通貨ニュース】

つまり悪影響に引きづられている

コロナが広まったことで、外に出かけることが減りました。
そうなるとお店で買い物することも減り、ジムなどの人が集まるような施設はお客さんがいなくなってしまいます。

お金を使わなくなるので、経済的に悪影響。それも世界規模で…!
仮想通貨も世界経済の影響をうけているので価格が下落しているということです。

いつ上がるかは変異株の脅威しだい

コロナの変異株による悪影響は一時的、と言ってもいつおさまるのかはわかりません…。猛威をふるいつづけるのであればしばらくビットコインの価格は下落しつづけると予想できます。

逆にすぐに対処できるものなら経済状況も回復にむかい、ビットコインの価格も上がっていきます。

これからの5〜10年の間、コロナによる危機的状況はつづくのでしょうか…?
どう転ぶかはわかりませんが、長期的な目線で考えると経済が持ち直すまでガマンすればいいと私は考えています。

すみもて
すみもて

ガチホあるのみ!

過去にマイナス90%から復活している

2013年12月、中国が「仮想通貨取引を全面的に禁止する」と発表。
このときビットコインの価格は10分の1まで暴落しました。

それから2021年になり、ビットコインの価格はどうなったかというと…結果的に「1BTC = 600万 〜 700万円」まで高騰しています。

ビットコインは過去に下がりつづけたことがありません。
だから次も大丈夫…とは言い切れませんが、投資の対象にビットコインを選ぶ理由になると私は判断しました。

なくなっても良い金額ならリスク0

どんなにこれからビットコインが高騰する理由があったとしても、それは100%ではありません。このままビットコインの価値が0になる可能性だってあります。

そんな不安を軽くするには「減っても困らない金額」を使えばいいということですね!

大きなリターンを得るためには、リスクも大きくとるしかありません。
ただ負いきれないリスクは持ってはいけないよなぁと最近よく考えます。
また稼げばいいや」ですむ金額を私も使っていきます。

ゲームで稼いで投資に使う

ではいくらなら「なくなっても良い金額」になるのか?
そう考えたとき、私はゲームで稼いだお金なら勉強のために投資に使おうと思えました。

そこで始めたのがNFTゲーム『Axie Infinity』です。
11月は2万円ほど稼ぐことに成功しました。

この2万円のうち5,000円をビットコインに。
毎月積み立てていきます。

はたしてビットコインの価格は上がるのか?来月はいくらゲームで稼ぐことができる?
実践しつつブログに書き記していきます。