ビットコイン投資:16ヶ月目は−1万5,000円(2022年8月)

ビットコイン投資:16ヶ月目は−1万5,000円(2022年8月)
  • ビットコインを買ってみたい
  • だけどリスクが気になる・・・
  • これから上がっていくの?

先月はビットコイン1枚あたり200万円台まで暴落していました。
8月に入ってビットコインの価格を見てみると、300万円をこえています。ゆっくりと価格が上がってきていますね。

私はビットコインを買って16ヶ月目に入りましたが、8月時点で−1万5,000円という結果になりました。

すみもて
すみもて

マイナスがつづいているビットコインですが、それでもまだ手放しません!

ビットコインを持ち続ける理由はつぎの3つのことを知っているからです。

  1. ビットコイン暴落の原因はお金に関する不安
  2. リスクは限りなく0にできる
  3. 暴落中はNFTが買いやすいという利点

▶︎ 【無料】1円からビットコインが買えるbitFlyerの口座をつくる

ビットコイン暴落の原因はお金に関する不安

2021年に1ビットコインあたり700万円をこえる最高値を更新しました。
ところが2022年の8月時点では半分以下の300万円まで落ちている状況です。

なぜビットコインの価格が下がってしまったのか?
結論から言うと世の中がお金に対して不安をかかえているからです。

お金に対する不安とは?

  • コロナウイルス
  • ロシアとウクライナの戦争
  • 仮想通貨のUSTとLUNAが大暴落
  • アメリカの激しいインフレ

コロナが原因で仕事がなくなったり、戦争の影響で経済が混乱するなど、お金にかかわる不安が世界中で広がっています

何の影響のない人でも「世の中はヤバそう・・・」「こっちにも悪影響があるのでは?」などと考え、みんな保守的に。

不安な気持ちはパズルゲームのように次々と連鎖していき、ビットコインを売って現金にしようという考える人もふえていくわけです。

すみもて
すみもて

たくさん売られているものは、世に出まわる数が多いということ。
つまり数は少ない方がレア、逆に数がふえることで価値は落ちていきます

ビットコインそのものが原因ではない

ビットコインの価格が落ちているのは、世の中のお金に関する不安が原因。
「ビットコインは無価値だ!」という悪評がきっかけで暴落してるわけではありません。

なんならメジャーリーガーの大谷翔平選手が、報酬の一部を仮想通貨で受け取っているくらいです。
大谷翔平が仮想通貨業者と契約、広報役に 報酬は仮想通貨で支払い

ビットコインに大きな不備があったり、世の中全体で価値がないと判断されているなら、プロ野球選手の給与にはなっていません。

価格の暴落とビットコインの欠点は無関係

国家権力に操作されない通貨として価値がみとめられているビットコインですが、弱点もたしかにあるんですよね。

すみもて
すみもて

結論からいうとビットコインは環境によくない…!

テスラのイーロンマスク氏も「ビットコインは大量の化石燃料をつかうので環境破壊をしている」とのべています。

このツイートをきっかけに、ビットコインの価格は6%も下がりました。

ただそれは2021年5月の話。今ビットコインの価格が落ちている理由とは関係がありません
もしビットコインが環境を破壊してるという理由で暴落しているのなら、今ごろ価格は0になっているはずです。

環境によくないというビットコインの欠点は、人々の心に大きな影響をあたえるほどではなかったと言えます。

そうなると世の中の経済的な不安感がうすまったタイミングで、ビットコインの価格はふたたび上がっていくのではないかと私は予想しています。
(※投資アドバイスではありません)

リスクは限りなく0にできる

すみもて
すみもて

投資にはリスクがつきもの!

・・・っていうのはたしかにその通りなんですが、リスクはほぼ0にすることが可能です。
それは失っても気にならない金額で投資をすること!

たとえば目の前に「捨てたものが消滅するゴミ箱」があったとします。
どんなものでも入れればこの世から消えさり、2度ともどってきません。

ここで質問です。この中身を消滅させるゴミ箱に、お金はいくらまでなら入れられますか?

もしサイフの中にあった1円玉を入れたとするなら、どうでしょう。
1円だったらなくなっても気にならないかもしれません。

じゃあ10円なら?100円なら?と金額をふやしていき、失っても精神的にダメージをうけない程度のお金ならリスクを感じません

学びや経験があるとするなら?

投資は捨てるだけのゴミ箱ではありません。
もし投資が失敗に終わったとしても、そこには何か学びがあるはずです。

たとえば私の場合、『Axie Infinity』という「モンスターを戦わせて稼ぐNFTゲーム」をやっていました。
初期費用は10万円もかかりましたが、初月に2万円をかせぐことに成功!

このまま上手くいくかと思いきや、ビットコインの暴落とともに経済破綻・・・。
ゲームでかせいだ報酬は「毎月の給料」みたいな感覚でプレイしていたので、報酬である SLP という仮想通貨が1枚7円から0.5円まで落ちたところで挫折しました。

2時間集中してプレイし、1日もらえるのは30円・・・。
カードゲームにどハマりしない限り、ちょっと乗りきれません。

ここで私が得た教訓は、価格が下り坂のように落ちてからの参入は危険!ということです。
価格はすべるように落ちていくし、なかなか上がってくれません。

すみもて
すみもて

それでも始めてみてよかった!

この失敗をきっかけに、仮想通貨の暴落について深く理解することができました。
最終的には−5万円の結果でゲームをやめてしまいましたが、勉強代だと思ったらむしろ安いくらいです。

もしビットコインを買って「とにかく投資家としての経験がほしい」「あとから失敗談というオリジナリティをゲットできる」などの前向きな考えがあれば、捨ててもいいと思える金額も変わってくるはずです。

投資をすすめているわけではありません。
私が伝えたいことは、もしビットコインを買うならストレスのない金額で!

▶︎ 【無料】1円からビットコインが買えるbitFlyerの口座をつくる

暴落中はNFTが買いやすいという利点

ビットコインの価格が下がるほど、NFTは買いやすくなります。
そういった価格の暴落にも利点があるという話を知ってるだけで、あせらずゆっくりビットコイン投資ができます

他の通貨もビットコインと同じ値動きをしているから

なぜビットコインの価格が下がるとNFTが買いやすくなるのか?
それはNFT購入に必要なイーサリアムという仮想通貨も一緒に安くなるからです。

理由はつぎの2つ。

  • ビットコインが1番安定していると認識されているから
  • 「イーサリアムの開発」にビットコインを使っているから

ビットコインが1番安定していると認識されているから

仮想通貨って最初は1種類しかありませんでした。
そう、ビットコインです。

ビットコインが世に信頼された結果、イーサリアムなどの他の仮想通貨もつくられるようになっていきました。

ビットコインが信頼される理由

  • 国がコントロールできない通貨だから
  • 発行枚数に限りがあってレアだから
  • 不正して奪おうとすると国家予算がかかるから

歴史の本を読み解くと、国家権力がお金をコントロールしてうまくいったためしがないとを知ることができます。

また、ビットコインの価格を操作することはできません。
発行枚数に対してどれだけ所有されてるかという「レアリティ」が価格をきめるポイントとなります。

すみもて
すみもて

たとえばみんなが売ろうとすればするほどレア度は下がり、価値も下がっていきます。

そんなビットコインをハッキングで奪おうとすると、むしろ国を運営するほどの費用がかかるというデメリット・・・!
ふつうに投資した方が得をしますねw
(※取引所への攻撃は別です。パスワードなどが盗まれないようご注意ください)

もしビットコインの価格が下落し、不安を感じるようになったら?
「ビットコインでダメなら、他の通貨はもっとヤバい!!」と考え、手放していく人がふえていきます。
結果、ビットコインの下落と同じタイミングでイーサリアムの価値も落ちていくことに。

「イーサリアムの開発」にビットコインを使っているから

このイーサリアムの開発者は、約18億円ものビットコインを調達してイーサリアムをつくる計画を進めていまいました。
Wikipediaを参照

資金源であるビットコインの価値が下がるということは、同時にそのプロジェクトの資本の価値も下がるということになります。
それは言いかえると「イーサリアムの開発」そのものの価値が下がるという意味なので、つくったイーサリアムもいっしょに下落していくと考えられます。

日本円 → イーサリアムのときに得をする

たとえば1 ETH(イーサリアム1枚分)の価格が50万円だったとします。

買おうと思っていたNFTが1つ1 ETH で売られていたとすると?
NFTを1つ買うのに50万円かかることになります。

ここでイーサリアムが大暴落し、価格が「10分の1」になったとしましょう!
つまり「1 ETH = 5万円」ということ。

すみもて
すみもて

なんと買おうと思っていたNFTが「50万円 → 5万円」で買えるではありませんか・・・!

ちょっと極端な例でしたが、イーサリアムの価格が安くなるとNFTも安く買えます。

実際に得をした体験

ビットコインの暴落、同時にイーサリアムの価格が下落したことで、私自身もNFTを安く仕入れることができました。

買ったのは『SHRAPNEL』というFPS(自分目線で撃ちあうジャンル)のNFTゲームのNFTです。

SHRAPNELの公式サイトへ

このゲームのNFTを持ってることで「ベータ版の参加」「報酬の受け取り」などの権利が今後もらえます。

過去に更新したイーサリアムの最高値は、1 ETH あたり50万円。
『SHRAPNEL』のNFTを買った2022年6月の時点では 1 ETH あたり24万円。
最高値のころとくらべて半額で買えたわけです!

今回はNFTが1つ 0.05 ETH の固定価格で売られていたので助かりました。

このように「ビットコインの暴落中にも良いことがある」と思うだけで、価格が下がっても気にならなくなりました

まとめ

ビットコイン投資 16ヶ月目に入り、結果は−1万5,000円でした。
マイナスがつづいてもビットコインを手放さない理由はつぎの3つのことを知っているからです。

  1. ビットコイン暴落の原因はお金に関する不安
  2. リスクは限りなく0にできる
  3. 暴落中はNFTが買いやすいという利点

価格を気にせず長期的な保有をつづけていきます。

どうしても神経疲れしてしまう・・・という場合は、ビットコインを1円からでも買えるbitFlyerがオススメです。
私も最初は毎月300円だけときめてビットコインを買っていましたが、気楽に投資をすることができました。

ただ、投資はかならずしも人生に必要とは限りません。
「やってみたいな」と心が動いたらで十分です。

▶︎ 【無料】1円からビットコインが買えるbitFlyerの口座をつくる