bitFlyer:ビットコインを買う3つの方法

bitFlyer:ビットコインを買う3つの方法

仮想通貨の取引所「bitFlyer」でビットコインを買う流れを解説します。

ここではビットコインの「3つの買い方」の他に、そのための「事前準備」と「現金化する方法」まで説明しています。

事前の準備

ビットコインを買う前に、次の2つをやっておく必要があります。

  • 銀行口座を登録する
  • 入金する

初めて「bitFlyer」に日本円を入金するなら、銀行口座を登録しなくてはいけません。
「bitFlyer」で使うための日本円を送金しましょう。

すみもて
すみもて

送った日本円でビットコインを購入します!

銀行口座を登録する

スマホアプリを使って解説していきます。
まずはホームを開いてください。

その画面右下の[メニュー]をタップ。

次に[マイアカウント]を選び

登録内容]をおします。

1番下の[銀行口座情報確認]→[本人銀行口座を登録]で、必要な記入事項を書いてください。


すみもて
すみもて

登録すれば銀行口座の準備はOKです!

入金する

ビットコインを買うためには、まず日本円を取引所にうつしておく必要があります。
入金方法は次の3つ。

  • もよりの銀行を使う
  • ネットバンキングを使う
  • コンビニで支払う

もよりの銀行を使う

銀行まで足を運んで入金する場合は「三井住友銀行」か「住信SBIネット銀行」に振り込むことになります。
ATMに↓必要事項を入力して振込入金しましょう。

三井住友銀行に振り込む場合
住信SBIネット銀行に振り込む場合

対象の銀行に振込入金をすると、取引所にお金が入ります。

すみもて
すみもて

住信SBIネット銀行」に振り込むときは、振込人名義の前に5桁の数字を入れるのを忘れずに!

ネットバンキングを使う

家から手軽に入金したいならネットバンキングがオススメです。
住信SBIネット銀行」「AEON Bank」「Pay-easy その他の銀行」の3つから利用できます。

住信SBIネット銀行」を使う場合はなんと手数料が無料!
口座をつくり、「bitFlyer」の[本人銀行口座を登録]で登録できます。

コンビニで支払う

コンビニまで行って振り込むこともできます。

利用できるコンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

入金額を打ちこんだらコンビニに行き、置いてある末端かレジでお金を払えば完了です。

すみもて
すみもて

ただコンビニだと手数料に330円ひかれます!

3つの買い方

ビットコインを買う方法は次の3つです。

  • 1円から始める(販売所)
  • 損をしないように買う(取引所)
  • 自動で気軽に買う(かんたん積立)
すみもて
すみもて

それぞれのデメリットも解説します!

1円から始める(販売所)

「販売所」を使うことで1円からビットコインを買うことができます。
正確には「0.00000001 BTC(1satoshi)」から購入が可能。

すみもて
すみもて

1BTCが1,000万円になるまでは1円から買うことができますね。

ただし「取引所」での取引にくらべ、「販売所」の利用にはデメリットがあります。

販売所のデメリット

  • 買うときに高い
  • 売るときに安い
  • つまり買ってすぐ売ると損をする

例えば1BTC=100万円だとすると…

  • 買うと103万円
  • 売ると97万円

「販売所」で買い、すぐ売ったら6万円も損をしている!…みたいなイメージです。
差額はbitFlyerの収益になります。

すぐに少額から買えるのはいいのですが、こっそり手数料を取られているのが気になるところです。
ビットコインを練習がてら買ってみたいときにはオススメです!

損をしないように買う(取引所)

「取引所」でビットコインを買うときも手数料はかかるのですが、販売所よりも安くすみます。

取引所で買うときにかかる手数料
取引金額の0.01~0.15%
(※直近30日間に取引したビットコインの量により異なる)

1,000円分のビットコインを買ったら、手数料は10円くらいということになります。

ただ「取引所」では最低でも0.01BTCからの購入になることがデメリット
1BTC=500万円のときだと、5,000円以上の金額でしか買うことができません。

すみもて
すみもて

「取引所」は数千円〜1万円くらい投資に使えるのであればちょうどいいですね!

自動で気軽に買う(かんたん積立)

いつ買ったらいいのかわからない
値動きが気になって疲れる
うっかり買うのを忘れてしまう

ビットコインに投資するとき、こういった心配事があるかと思います。
そんなときは「かんたん積立」を使うことをオススメします!

かんたん積立とは

  • 買うタイミングを設定する(例:毎月1日)
  • いくら買うかを決める(1円からOK)
  • あとは自動で買ってくれる

私もはじめは毎月300円の「かんたん積立」を設定していました。
私は2021年の5月〜10月までほったらかしにしていましたが、気づいたらゆっくり資産が増えていました。

ビットコインは長期間もっていることをオススメしている投資家も多く、かんたん積立とは相性がいいと言えるでしょう。

現金化する方法

ビットコインをガチホ…つまり長期保有するとしても、持っているだけでは意味がありません。
いつか現金化するときのために日本円にかえる手順を解説します。
手順は次の2つ。

ビットコインを現金にかえるには

  • ビットコインを売る
  • 銀行口座にうつす

ビットコインを売る

持っているビットコインを売ることで現金化できます。

ただし「取引所」で売ってください!
「販売所」で売ってしまうと隠れた手数料を持ってかれてしまいます

ただ「販売所」では1秒で取り引きできるのに対し、「取引所」の場合はこちらの売りたい金額で買いたい人が現れるまでは取り引きが成立しません。

すみもて
すみもて

「取引所」であることを確認したら、好きな金額だけ売りましょう!

銀行口座にうつす

ビットコインを売ると、日本円が「bitFlyer」の取引所内に入ります。
あとは銀行口座にうつすだけ。入金のときと手順が反対なだけなので簡単です。

まずは「bitFlyer」の画面下にある[入出金]をおしてください。

次に画面下の[銀行口座へご出金]をタップします。

出金したい金額を入力しましょう。

出金するときは手数料がひかれますのでご注意ください。

いつ現金化すればいい?

「ビットコインは5,000万円まで上がる」なんて予想をされている投資家もおり、私も今のところビットコインを売る予定はありません。
短期的なトレードは手数料や税金がかさばり、結果的に損をするリスクもあるためです。
それなら「大きく上がり切ってから1度にすべて売ればいい」ということになります。

ガチホするべき根拠など、くわしいビットコインの運用についてはこちらにまとめてあります。